FXの口座開設の注意事項の覚え書き

FXの口座開設の注意事項の覚え書きです。あなtがFXの口座開設をする時に気になったら、この注意事項をご活用ください。
トップページ > FX投資で手にした利益には税金を納める必
ページの先頭へ

FX投資で手にした利益には税金を納める必

FX投資で手にした利益には税金を納める必要があるのでしょうか?FX投資で得た利益は税制上、「雑所得」という区分になります。

一年間の雑所得の合計が、20万円を割っていれば、税金は生じません。

けれど、雑所得の合計が、20万円を上回った場合には、確定申告が必要です。

税金を払わずにいると脱税として罰せられますので、どうぞお気をつけください。

昨今では、システムトレードを使ってFX投資する人が増加しているようです。

FX投資においては、投資していた外貨が突然、大きく下落するとビックリしてしまい、上手に損切りできないことがあります。

少しでも損失を小さくして済ませたいとの気持ちが損切の機会を捉え損ねさせてしまうのです。

FXを始めたばかりの人は知識かつ経験もないので、負ける場合が多いです。

FX初心者が負けないコツは、損切りポイントの設定が重要です。

それから、1回の取引ではなく、トータルの損益を考えるべきでしょう。

9回のトレードで利益が出ても大きな損失1回でマイナスになることがあり得ます。

FXの口座を開設することに何かデメリットはないのでしょうか?口座を開いたからといって初期費用がかかる訳ではありませんし、口座維持にかかる費用の発生もないので、デメリットは無いとい言っていいでしょう。

ですから、FXに興味をお持ちの人は取引を始めるかどうかは置いておいて、口座だけ試しに開設するのもいいきっかけになるかもしれません。

FX投資を試みる前に、所有する通貨の数を決めておくということも重要です。

所有通貨の量を前もって決めておき、それ以上の位置は持たないでください。

こうした結果、勝ちが出ても利益が薄くなりますが、損失も小額になります。

FXでの投資による利益は課税の対象のため確定申告が必要とされていますが、年間を通して利益が出なかった場合には必ずしなければならないわけではありません。

しかし、FX投資を続けていくつもりであれば、利益が出なかった年も確定申告はしておくべきです。

確定申告をすれば、損失した分の繰越控除ができるので、最長3年間の損益を通算できます。

FXで成果を得るためには、暴落するというリスクをちゃんと考えることが必要です。

暴落の原因が見当たらないような状況でも、万が一のためにそのリスクを検討したトレードをしてください。

FXにおいては必ず損をしないということはないので、万が一のことも考えにおきます。

たとえば、ドルの場合は利益を出すことは難しいですが、その代わりにリスクも少なくなっています。

FXで冷や汗をかくような取引を避けるためには暴落の可能性もきちんと覚悟しておくことが重要です。

暴落は考えられない状況でも一応はリスクがあるということも考慮したトレードをしてください。

絶対というFXはありえないので多少のリスクを伴うかもしれないと考えるようにします。

例えば、ドルの場合の利益率は低いですが、その分、リスクも少ないです。

Copyright (c) 2014 FXの口座開設の注意事項の覚え書き All rights reserved.